twitter Twitter not configured gradient

少ない資金で大きな資産がつくれる積立

日本はバブルが崩壊してから景気がよくない状態が続いています。しかし、この状態は、すでに20年以上も続いていることから、資産形成を行なう人にとっては非常に困るものとなっているようです。

具体的に、いま銀行預金は以前よりも金利が低い状態となっています。これでは、満足するような利息がつかないことから、資産づくりとしては効果がないといわれています。また、資金づくりでは、景気がよくないことから、株の購入においても効果が少なくなっているといわれています。そのことから、資金づくりにおいては、もっと効果のある投資に関心が高まるようになっているそうです。

投資では、少ない資金でも多くの資産を作ることができるようになることから、今後は、この投資によって資産づくりが行われるようになるとされています。投資では、比較的にリスクの少ない積立で行なう積立投資に関心が高まるようになっています。

この方法であるなら、毎月コツコツと投資が行えるため、少ない資金でも長く投資を行なうと、大きな資産が作れるようになるといわれています。そのことから、今後は積立による投資への関心が高まるようになっています。資金づくりにおいては最適と方法として活用されているのです。

老後の生活不安を解消する年金づくり

日本では、公的年金だけでゆとりあるような生活はできないといわれています。今後、日本は少子高齢化が進むようになり、公的年金支給額が減ってしまい、支給年齢についても上昇するようになることから、老後不安が多くなるといわれています。

そこで、公的年金では、満足した生活ができなくなるため、いまから老後の生活に必要な資金づくりを行なうことが求められるようになっています。しかし、景気があまりよくない状態が続くようになる日本では、従来の資金づくりは難しくなっているとされています。

たとえば、銀行預金では、金利が低いことから満足できるような資金づくりができなくなるといわれています。そのことから、老後の生活においては満足できるような資金づくりが必要とされているため、最近は投資による資金づくりが行われるようになっています。

投資は、リスクが高いことから、比較的にリスクが少ない積立投資による資金づくりに関心が高まるようになっています。このような資金づくりでは、無理なく毎月一定額を投資することによって大きな資金が得られるようになり、安定した資金づくりとして活用が期待されるようになっています。これは老後不安を解消する年金づくりとして人気が上がっています。

個人年金にリスクはないのか

年金は自分で用意しておきたい。そのような機運の高まりが「個人年金」という考え方なのですが、個人年金はリスクはないのか。この点が不安な人もいるかもしれません。ですがこれはどのような個人年金なのかによっても異なってくるのです。

例えば、貯金や保険であればそうそうリスクはありません。ですが投資関連の金融商品を活用して個人年金にと考えているのであればリスクはあります。これは、個人年金そのものではなく、どのような形で利益を創出するかという点にかかっていますので、投資にはリスクがありますし、貯金には何らリスクがないのですから、結局個人年金云々ではなく、方法によってリスクが変わってくるという事でもあるのです。

ですが、リスクがあるという事は、それだけ可能性を秘めているとも言えます。どのような方法であっても、投資であればリスクがあると同時に、他の財形貯蓄では手にする事が出来ないような資産を生み出す事だって出来るようになる可能性があるのです。ですので、リスクとリターンをしっかりと考慮した上で個人年金の事を考えるべきです。ほんの些細なリスクすら嫌だというのであれば、投資関連で個人年金という考えはなくなりますしね。

個人年金に関する最新情報はココ
インフレに備える方法を解説しています。

変動年金と投資信託の違いについて

販売されている変額年金の多くは何種類かの投資信託が用意されています。この中から自分にとって合いそうな投資信託を複数選ぶことができ、自己責任の元、運用することができます。変額年金という名前はついておきながら投資信託で運用するとなると、単純に投資信託との違いがどこにあるのか、という疑問を抱く方もいらっしゃるのではないでしょうか?

変額年金は年金保険になりますので、保険機能がついています。これは一般的な投資信託との違いです。変額年金では死亡保証の支払いの際には支払い方法を一時払いと分割払いのいずれかから選ぶことができます。どちらを選んだにせよ、払い込み総額が運用の実績に左右されること無く、死亡保障として保証されます。しかし、ここで気をつけなければならない点として、確定年金と同じように死亡保障は払い込み金額に過ぎないということです。また、保険機能を有するということは、その役割を果たすためのコストは加入者が負担していると言うことを理解しておくことも必要です。

しかし、メリットとして、変動年金は運用中の税金が差し引かれません。これはいわゆる複利型の投資と同じ仕組みになっていますので、利息が利息を育てるような仕組みです。つまり長期に渡って運用することで大きな利益を生み出します。

年金不足を補ってくれる養老保険

年金暮らしとなる老後においては、ゆとりある生活が難しくなっているといわれています。老後はたくさんの生活資金が必要となっていますが、今後、公的年金は減るようになり、支給年齢についても上がるようになるとされています。

また、多くの人はもしもの時のために、生命保険に加入しているため、保険料の支払いなどにおいては負担が多くなるといわれています。このように日本では、保険と貯蓄においてしっかりと行なう必要があるため、見直しを検討しなければならないとされています。

いま保険による保険にかかる負担を減らし、貯蓄問題を解決する養老保険が注目されるようになっています。養老保険は、保険期間中に死亡した場合、死亡保険金が得られるようになります。

さらに、保険期間が終わっても死亡保険金と同額の満期金が受け取れるようになるため、保険と貯蓄ができる保険として活用されるようになっています。

この保険は、生命保険会社と契約を行ない、保険料を支払い支払うことで安心が得られるようになります。そのことから、この保険では、生存時に受け取れる満期金を老後の生活資金として活用することができるようになるのです。このように養老保険では、将来の年金不足を補ってくれるようになります。

効率よく資金づくりができる方法

景気がよくない時代が続く日本では、資金づくりが大変になっているといってよいでしょう。日本は長く低金利、企業業績がよくない状態が続くようになっています。そのことから、最近はもっと効率よく資金がつくれるような方法が求められるようになっているのです。そのことから、最近は投資などを活用するような方法が行われています。投資では、短い時間でも大きな資金を作ることができるようになるといわれています。この方法であるなら、資金づくりとして満足できる資産形成が可能となります。

しかし、投資は、資産を失うような高いリスクがあるため、これから比較的に安定した資金づくりができる方法が求められるようになっているのです。投資では積立によって資金をつくる方法があります。積立投資は、毎月コツコツと投資を行なうことによって資金がつくれるようになるため、低リスクで投資ができる方法として注目されるようになっています。

この方法であるなら、無理なく資金づくりができるようになり、安定した資産形成ができるようになるのです。これは、効率よく資金づくりができる方法であるため、今後は高い利回りを追求する方法として活用が期待されるようになっています。

資産形成の参考にしたい書評はこちら!
富裕層向けのメディアです。

分散投資を行うなら投資先の分類を行おう

投資にまつわる格言として「全ての卵を一つの籠に入れてはいけない」というものがあります。これは投資を一箇所に集中させてはいけない、ということのメタファーです。もし籠を落としてしまった場合、全ての卵が割れてしまうことになります。投資に置いても同様で、全ての投資を一箇所に集中させていると、その投資先に問題が発生した時に全ての投資財にダメージを受けることになってしまうわけです。

そこで重要になるのが、分散投資によるリスクコントロールです。投資はいかなる場合でも、一箇所に集中させず、分散して行うことが重要になります。特に長期投資程この分散投資を行なっておかなければなりません。長期投資は時間的リスクが発生するために、集中投資を行なった際のリスクが短期投資よりも高いためです。

分散投資を行う場合には、それぞれの投資先の意味を考えておくのが良いでしょう。例えば「リスクは高いものの高い投資効果が期待出来る投資先」「効果は低いが安定性が期待できる投資先」などの分類を行い、分散するのです。最低限必要な投資効果を後者で確保し、前者にも投資を分散することによってより高い投資効果を期待することが出来るようになるのです。

保険サービスと保険業法

生命保険、災害保険、年金保険など、各種保険サービスの核となっている法律があります。それが保険業法です。この保険業法という法律が機能しているからこそ保険会社は活動できているということになります。保険業法についてはかなり細かい規定があるのですが、契約者側の認識としましてトラブルが起こった時に支払い実績を証明できれば確実に法は味方してくれるという認識で良いでしょう。

保険業法なのですが、業者と契約者の間にトラブルが生まれた場合のために、紛争解決の規定というものが用意されています。それによりますと、そのトラブルについては金融庁の定める規定業務解決の監督者を用意するとあります。この監督者なのですが、保険センターのオンブズマンなどの弁護士が該当します。もしも保険関係のトラブルがありましたら、日本全国の保険相談所に話を持ちかけると良いかと思われます。

保険業法は、法律で保険会社の活動を認めるというものであると同時に、その活動を厳しく取り締まるという側面を持っています。この保険業法のルールが明確である以上、保険について心配をする必要はありません。ですので安心して将来の備えとして保険会社を利用して欲しいと思います。

長期投資で節約を図ることができる

短期の資産運用は、時間とコストがかかるとされています。売買の手続きを行なうにしても、総合すると途方もない時間を使っていることがわかります。運用に対するコストも、1回あたりは少額であっても、多くの資産運用をこなすほどに膨れ上がる傾向があります。

一方、長期投資のメリットは、運用に費やす時間がほとんどないことと、運用に対するコストがかからないことが魅力となっています。一度購入したものは、そのまま価値が増大するのを見守るのが基本の姿勢です。もちろん、投資信託会社での運用を行なうのであれば、専門化が投資家に代わって最適な運用を行なってくれます。

長期的な運用は、無駄なコストを省くことが利点。それ以外にも手間をかけずに資産を膨らませることができる可能性も秘めています。収益のフレ具合も安定しているという特徴を有しているからこそ、一喜一憂することなく、心理的な面での負荷が少ない投資としても注目されています。

過去の成績を踏まえてどのように行動すべきかの試算を行なうことも容易です。つまり、投資家として初心者であっても、心配事を少なくしながら資産運用を行なうことができるのが、長期投資の魅力にも繋がっているのです。運用面での不安を解消することができる点は、何よりも大きな強みなのです。

こちらの記事でNISAについても詳しくなろう! http://www.doropay.com/2014/10/03/article-20141003/